Windows FAX DropboxとFAX Readerとのタッグが良いみたいだ

Windows FAX(Windowsに標準で備わっているFAX機能)なんだが 今まで

Fax ReaderPCでFAXを受信すると指定してあったFAXフォルダをSkyDrive(Cloudサービス)に作ったFAXフォルダを指定していたそれでiPhoneやiPadで外に居ながら受信したFAXの原稿を確認していたんだが 辞めた!(笑)

今まで 受信していたFAXのほとんどが原稿数1ページの物だけだったから気が付かなかったんだが

FAXで受信したファイルはTIFF形式 このTIFF形式の1つのファイルに複数ページを持つファイルだった場合

iPhoneやiPadではTIFFファイルを見るとき なぜかJPEGファイルに変換されているようだ(笑)

 

Fax Reader複数ページがあるTIFFファイルでも JPEGファイルになるので 送付状 の画像だけしか見れず 肝心な

送付状以下の本題ページまで見る事が出来なかったOrz

PCからSkyDriveフォルダを見る時はちゃんとTIFFファイルとして内容は確認が出来るんだが

iPhone iPadから見るのは出来なかった・・・

で 仕方がないからこの方法を解決策とした

  1. Appストアから「Fax Reader」¥600を購入
    • マルチページファイルTIFFをビューアで見る事が可能
    • TIFFをPDFに変換してメール送信も簡単に出来る
  2. Dropbox(2Gまで無料のCloudサービス)利用
    • Dropbox Windows版をPCにインストール
    • App Fax ReaderからDropboxに直接見に行けるようになっている為

FAX Readerまぁ 理想なのは FAXが受信されるフォルダに出来上がったTIFFファイルがPDFに自動変換されれば SkyDriveでもいいんだけどな~

指定した監視フォルダに出来上がったTIFFをPDFに変換するツールがあればいいが 探したけど 有料だったり適当な物がなかった

まぁAppの中でも高価だと言っても¥600円なら・・・ って思った(^_^;)

で 早速試してみた

完璧だ(笑)

FAX ReaderからDropboxへ見に行けるのがありがたい FAX ReaderからTIFFをPDFに変換してメール送信も簡単に出来る

これで満足度

気づいて良かったぜ

iPhone iPadはマルチページTIFFファイルを見る事が出来ないって事だったんだな

紛らわしいな~

これで FAX受信後 フォルダ監視ソフト新しいファイルが出来た事をsMailで iPhoneに向けてメッセージ送信され

iPhone またはiPadのFAX Readerから Dropboxに見に行けば 複数ページ存在するTIFFファイルを外出先から見る事が出来るって事だな

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください