やっぱこっちのDLNAサーバだな12TB

先日 こんな書き込みをしたが

DLNADLNAサーバ16TBが8万円ならいいんじゃね?

しかし 後でじっくり見て見ると 本体は37000円くらい と 俺の見間違えだったのか

22000円表記だったと思っていたが 全然金額が違っていた・・・(^_^;)

となると話は変わってくる よーく見直してみると この製品 HDDが4台入るようだ

が 最大で4TBのHDDを4台と書いてあった

それよりも 俺 こっちが気になり始めて ほしいモノリスとにいれておいた

Synology DiskStation DS214se2つのHDDを挿入出来るタイプ 6TB×2 12TBで機能がかなり充実しているみたいだ

古いタイプCS4501 DS214se¥19,593

新しいタイプCS5029 DS215j ¥26,800とがあって 約7,000円の違いがある・・・・

新しい高い方はデュアルCPUという事で 今までのNASの読み込みや書き込みの速さを何パーセントか 向上させている って事だ

確かに俺が今使っているの 古いと言うのもあるけど 書き込みなんて かなり遅い・・・

Synology DiskStation DS215jWin95時代のLanの遅さレベルだ(笑)

酷い時は 4Mbpsって・・・・ (^_^;)

古いとはいえ ストライピング(RAID0)なんだけどな・・・・

それよりHDDが1台しか入っていない こっちのBUFFALO 2TB LS-V2.0TLJ 2011

方が よっぽど早いんだよね

2TB LS-V2.0TLJ 2011 BUFFALO 2TB LS-V2.0TLJ 2011

今回の このSynology製のNASはどちらを選んでも 俺的には高速になると思っている

今 俺ん所は アイ・オー・データNAS 2TB+USBHDD2TB

1TB×2 HDL2-G2.0

バッファローNAS 2TB+USBHDD2TB

DLNAで使っているフォルダには 合計で約7.5TB なので 今回このNASで12TBに出来れば 4TBは余裕の状態が作れる

念願のDLNAサーバ(ホームメディアセンター)を1つにまとめる事が出来る!

そしてこのNAS iPhone用のアプリも配っていて CloudServer機能としても使えるようだ

DS note ノートアプリが俺的には 音声メモがそのアプリでメモを取れるって書いてあるのが魅力だ

ESynology のアプリvernoteは音声メモとれるけど あれは容量で制限していて ちょっと大目に使うと有料に突入してしまう

Onenoteは 今だ音声メモは出来ないし・・・

んー これ結構いいなー 一旦自宅のServerに音声メモを取って後で必要な物だけ Onenoteとかのメモに貼り付ければいいしな

まぁ あまりにも使い勝手が良かったら 全部Cloud 自宅Server型に変更しちゃってもいいよな

各Cloudサービス 何Gで数百円とか月極や年間で料金が発生するが 自宅のこの手のNASでCloud化出来たら

何TBの次元で 買ってしまえばずっと無料だしな(笑)

でも キャリアで制限している アップロード1日20~30GB制限とか LTEモバイル通信月7G制限 これに引っかかっちゃうから あまり大きくても意味ないけどな DLNA 認証メディアサーバー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください